美容

鼻の美容外科手術は未だに問題なし

実は10代の頃に小鼻縮小の美容外科手術をして、もうかれこれ15年以上経過しています。しかし未だに崩れもしていませんし、よく言われているメンテナンス云々もしたことがないですね。ですから、テレビや雑誌やネットなどで「あの芸能人の美容外科手術した鼻が崩れている…!」などと、ときどき話題になったりするじゃないですか。あれが疑問で疑問で。


なぜなら私の鼻は崩れてはいませんからね。10代の頃に小鼻縮小の美容外科手術をした理由は、まあ千原ジュニアのようにとまでは言いませんが、交通事故で鼻が崩れてしまったからなのですよね。そこまでの事故ではなかったのですし、それにすぐに高校生活を復帰できたことはできました。


けれども多感な10代ですから、そりゃあ激しく落ち込みました。ですから、大学進学前に美容外科手術をおこなうことにしたのです。とは言っても、カウンセリングも1時間未満で、そして手術もその日のうちに帰れるぐらい短時間でした。おそらく麻酔注射も入れたりしても、1時間ほどだったでしょうか。その日のうちにタクシーで帰りましたからね。


鼻の美容外科手術は、オーソドックスなものでプロテーゼを入れるものです。それと耳からとった軟骨も入れて鼻の高さを出しましたね。痛みもなく腫れもなく、本当に春休み中に済んでしまうぐらいの手軽なものでした。%



『取り除きたいほくろ大阪のサクラアズクリニックにお任せください!』こちらでは痛みもなく安心して受けられる技術があります!あなたのほくろを綺麗に取り除くことが可能です!また女性にとって安心できるように無料のカウンセリングを行っておりますので、ぜひ一度お越しくださいませ!



目のプチ整形しましたよー。

私は今年プチ整形をしました。

そのことについて書きます。


私がしたプチ整形は目の埋没法です。

おそらくプチ整形で一番やってる人がいるんじゃないか、という目を二重にする整形です。


私はもとの目が奥二重で、数年間アイプチやアイテープを使って二重にしていました。

もとの奥二重でもまぁ、生きてはいけるのですが、自分的には目が小さくて嫌だったのです。

私はあゆ世代というか、小悪魔ageha世代というか、とにかく目が大きいのが可愛い!という呪いにかかってしまってるんですよね。多分。


女優さんみたいに奥二重でも小顔だったり、似合ってれば整形なんて不要だと思います。

しかし私はそうではありません。

そして、二重で目が大きくてばっちりメイクしたかんじが好き(可愛いと思う)なのです。


なので私はプチ整形をしました。


でも結構なビビりなので、静脈麻酔を使いました。

ほとんどの人は使いません。


むしろ静脈麻酔を使って整形する事が出来る事を知り、手術に踏み込めました。

ありがたや…。


料金としてはプラスで4万5万かかりますが、私にはその価値がありました。


自分の目を縫われているところなんて、麻酔があっても、そう感じる事すら嫌だったので。


静脈麻酔を使ったら、寝て起きたら二重になってました!

HAPPY-!


嫌なのは、これは永遠ではない可能性が高いってこと。

それでも数年間保てばとりあえず満足です。




安物買いの銭失い(泣)

皆さんこんにちわ。私は、20代のデブ女です。
皆さんに、お伝えしたいことがあります。それは、「{脂肪吸引}は料金が安い理由でしてはいけない」ということです。これは、私の体験談なのでこれから「脂肪吸引」をしたいと思っている人達に聞いてほしいです。何故「安い」という理由で病院を選んではいけないかというとタイトルにもしました、「安物買いの銭失い」になってしまうからです。この不景気でアベノミクスの経済効果が実感できない昨今においては「お金はとても大事」と皆さん思うと思います。私もそれはとても共感できます。しかし、「脂肪吸引」したのならモデル体型のようになれると思って実際にしてみても確かに減ったとは思いますが、自分のイメージほどは程遠く、「え~!これぽっちで何十万もするの!?詐欺じゃん!!(怒泣)」っとなります。私は手術の痛みで泣きながら「手術が終わったばかりで、今は腫れています。2週間位したらだいぶひいていきますので」という看護婦さんの言葉を信じて2週間痛みに耐えながら仕事をしていましたが、あまり変わらなかったです(大泣)
そのあと、自分なりに本やインターネットで調べて分かった事なのですが「安い料金」では深い所・範囲が狭いので安くなるそうです。なのであまり技術のないDr.でもできますし、医者のリスクも少なく済むそうです(内蔵を傷つけない)。知った後で唖然としてしまいました。安さに目が眩んだ自分を殴りたくなりました。
しかし、世の中には料金は高いですが結果がしっかりついてくるいいDr.もいるので、先生との面談で「この人にしてもらいたい」と思う先生にしてもらうのが一番いいと思います。
ぜひ、皆さんは3人以上の病院の先生と面談して決めて下さい。

コンシーラ効果が高いクリームファンデ

私は30代前半なのですが、昔から色白なのでとてもシミソバカスが目立っていたのが悩みでした。
年を重ねる事にどんどんシミも範囲が広がってきてしまっているし、美白クリームやパックや美容液を使ってもなかなか薄くなることもないので何か対策をしなくてはと思いました。
今までパウダーファンデーションを使っていたのですが、やはりうす付きのせいかシミソバカスはカバーできなかったので、思い切ってクリームファンデーションを使ってみることにしました。
あまりユルイタイプだと効果がなかったので、硬めのスポンジで付けるタイプの固形クリームファンデーションを使い始めたところ、とてもカバー力があり気になる部分があまり目立たなくなりました。
その商品は「ドーランドール」という商品なのですが、日本人にも合うイエローベージュ色も展開しているので肌馴染みもとてもいいです。
これだけだと肌表面がべたついてしまってとても不快なので、この上からパウダーファンデーションを塗るとさらっとマット肌になれるので、これはおすすめの使い方です。
さらに夏場はこの上に「ミラノコレクション」というおしろいをはたくと、もう完全に化粧がキレイなままを保ってくれるので、化粧崩れ知らずです。

美味しく食べて美肌維持

コラーゲンは美肌には欠かせない成分ですよね。
手羽先やふかひれ、鶏がらに多く含まれていますが私はもっと簡単にゼラチンから補給しています。ビタミン摂取のためにフルーツを常食していますが、ゼラチンと組み合わせると立派な手作りゼリーになるんです。特によく買うのはオレンジ。周年出回るし私が一番好きな果物でもあります。その他には桃やグレープフルーツを買います。いずれもゼリーにすると美味しいです。手作りの物は市販の物よりも添加物も保存料もなくて安心ですし、贅沢に感じられます。ゼラチンに含まれるコラーゲンと、フルーツに多く含まれるビタミンC。この組み合わせは美肌に大変有効です。傷ついた肌のダメージを修復してプルプルな弾力のある肌にしてくれます。私は夕食後にこれらのゼリーを食べ、夜は早めに休むようにしています。22時から2時にかけてはお肌のゴールデンタイムと呼ばれ、この時間は特に肌を健康的な状態へと高めてくれます。この時を逃すわけにはいきません。ゼリーを美味しく食べて早めに就寝することを心がけるだけで、肌荒れはだいぶ改善されますよ。もちろんお菓子は控えること、ゼリーに入れるお砂糖は少なめにすることも大事なことです。

Update Article

Sub menu

TOP